nurse

治療を実施する

関節円板などにも注目する

disease specialist

咀嚼する行為は、人の食生活や健康的な生活にとって、非常に重要な働きをするものです。毎日の生活の中で、食べる行為は普通に行われますが、中にはアゴ部分の問題のために、痛みが生じている人もいます。 アゴの問題の中では、顎関節症がよく知られています。顎関節症は、多くはクッションの役割をしている関節円板に何らかの障害が起きている事が原因と考えられます。 痛みが酷かったり、口を大きく開ける事ができないなどの場合には、顎関節症の専門医に見てもらう事もできます。アゴの不具合なので歯科医に相談する人もいますが、専門医のいる口腔外科などを紹介してもらうのも一つの方法です。患者さんに合わせたマウスピースを作製・装着したりなどが実施されます。

個々人の症状を改善できる

顎関節症になってしまった場合には、専門医を受診して適切な治療を実施していく事ができます。顎関節症の場合には、マウスピースを装着する以外にも、外科的な手術が実施されるケースなどもあります。専門医を受診すれば、個人の症状に合わせた適切な治療をしてもらう事ができます。 専門医を受診する事で、個々の患者さんの症状の原因を突き止め、正しい咬合、食生活改善等、自分でもできる方法も同時に学ぶ事が可能です。単に歯を削った咬合調整処置では、根本的な原因を改善する事には繋がらない場合があります。外科的な手術なども含めて考慮した場合には、顎関節症の専門医に相談する事が、重要な治療の第一歩になるともいえます。専門医に関する情報を収集しながら、できるだけ早めの治療を実施する様にしてください。